米Microsoftは2月19日,米Connectixから仮想マシン・ソフト「Virtual PC」を買収したと発表した。Connectixの技術を使ってサーバー統合,ハードウエアへの投資/運用費用の削減を支援する仮想マシン・ソリューションを提供する。仮想マシン技術のサーバー版とクライアント版の両方が対象。

 Virtual PCにはWindowsのサーバー用とクライアントOS用およびMacintosh用がある。同社が最も重要視しているのは,既存のWindows NT 4.0システムの移行に利用できる現在ベータ版の「Virtual Server」だ。この製品は1台のサーバー機上で複数のNT環境を仮想的に実行することができ,ユーザーはコスト効率の良い方法で既存のアプリケーションとサービスをサポートし続けられる。Microsoftは,4月15日にプレビュー・バージョンを公開して,2003年内に最終バージョンを発表する予定だ。

 Microsoft Windows Server部門担当のBill Veghte副社長は「私たちの顧客は,最新のオペレーティング・システムに移行する場合に,既存のWindowsアプリケーションを実行できる仮想マシン・ソリューションを望んでいた。Connectixの技術の獲得で,現在および将来の顧客の要望に対応できるようにする」という。

 Macintoshコミュニティは,この買収でVirtual PCのMacバージョンが事実上,消滅することを懸念する。しかし,Microsoftは今後も同製品を改善し続ける予定であるという。米Apple Computer Worldwide Developer RelationsのRon Okamoto副社長は「収益源にVirtual PCを加えることは,MicrosoftがMacプラットフォームに対して継続的に関与することの表れだ。われわれは,このVirtual PCの買収を歓迎する」と語った。

Windows & .NET Magazine Network, (C)2003. Penton Media, Inc.