NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は7月7日,NTTドコモが1日に発売開始した無線LAN機能搭載のFOMA端末「M1000」を企業のモバイル端末に活用するためのサービス「スマートビジネスキット」を開始すると発表した。M1000から社内システムへのアクセスを可能にするほか,ビジネス・コンテンツやセキュリティ管理機能などを提供する。まず10社程度の企業を対象に試験サービスとして開始し,9月から本サービスの提供を予定する。価格は1ユーザー当たり月額600円程度になる見込みだ。

 NTTコムのプラットフォームサービス部 笠原久嗣・プラットフォームビジネス部門長(写真上)は,サービスの提供に当たり「高度な情報処理や通信機能を搭載したスマートフォンはM1000が初めて。M1000をビジネスにどう活用するか,その上で必要となる機能は何か,試験サービスの提供を通じて新しい市場のニーズを見極め,サービスやコンテンツの開発に生かしていきたい」と抱負を語った。

 試験サービスで提供するのは,(1)個人用と企業用で使い分けが可能なアプリケーション・ランチャー,(2)インターネットを介して社内のメール・サーバーなどにアクセスする機能,(3)端末の紛失・盗難時に遠隔から端末をロック/データを削除するセキュリティ対策機能――など。記者会見では,M1000を利用して社内のメールを参照したり,グループウエアの掲示板を閲覧したりするデモを見せた(写真下)。

 このほか,NTTレゾナントと協力してポータル・サイト「goo」のコンテンツも提供する。「検索」や「ニュース」,「ブログ」のほか,メール「gooメールアドバンス」やグループウエア「ビジネスgoo」も利用できる。

 今後は,業務システムとの連携をはじめ,音声会議やテレビ会議,GPS(全地球測位システム)の位置情報と地図の連動なども視野に入れる。「無線LAN機能を利用してVoIP(voice over IP)で通話できるソフトフォンの提供も検討している」(プラットフォームサービス部 プラットフォームビジネス部門 企画開発グループ モバイルプラットフォーム担当課長の上原恭夫氏)という。

(榊原 康=日経コミュニケーション