ボーダフォンは4月27日,携帯電話用の周波数帯として新たに割り当てが予定されている1.7GHz帯において,W-CDMA方式の実験局免許を総務省に申請したと発表した。免許取得後,千葉県内で約6カ月間フィールド実験を行い,商用化を目指す。

 ボーダフォンは現在,2GHz帯において第3世代携帯電話サービスを提供している。しかし将来的には3Gサービスのトラフィック増加が予想されることから,既存の周波数帯だけでは不足する恐れがあるという。そのため,新たに1.7GHz帯の実験局免許を申請した。

 1.7GHz帯をめぐっては,既存の携帯電話事業者であるNTTドコモやボーダフォンのほか,携帯事業に新規参入を目指すソフトバンクBBやイー・アクセスも割り当てを要求している。1.7GHz帯の周波数幅は上りと下りを合わせて70MHzで,この帯域に割り当てられるのは最大で2社になる見込み。イー・アクセスは3月に,ソフトバンクBBは4月に1.7GHz帯の実験局免許を申請している。

(堀越 功=日経コミュニケーション