USENは4月5日,コンテンツ視聴料が無料のブロードバンド放送「GyaO」を4月25日から開始すると発表した。映画やドラマなどのコンテンツの合間に,民放テレビのようなCMを挿入することで無料放送を実現する。インターネット接続サービス事業者(ISP)にとらわれず利用できる点も特徴で,1Mビット/秒以上のブロードバンド回線,Windows Media Player 9以上の再生環境があれば誰でも利用できる。本サービス開始に先立ち,4月6日から試験サービスを開始する。同社はサービス開始後,早急に1000万ユーザー獲得を目指すという。

 配信するコンテンツのビットレートは,384kビット/秒と768kビット/秒の2種類。ストリーミング形式の配信のほか,将来的にはダウンロード形式での提供も検討する。コンテンツの視聴には,初回登録時に年齢層,性別,郵便番号,メール・アドレスの入力が必要となる。この属性情報を基に,サービス開始半年後をメドに年齢層や地域に特化したCMも配信する予定。

 コンテンツの種類は,映画,ドラマ,音楽,アイドル・グラビア,バラエティー,アニメ,ニュースなど。「最新の映画も配信する予定で,コンテンツの内容で他社のブロードバンド放送と差別化できる」(USEN広報部)。さらに,コンテンツの拡充を目指して,テレビ局とも協議を重ねているという。また,安定した映像配信を実現するために,複数の通信事業者やISPとも話し合いを進めているという。

 USENは,昨年ギャガ・コミュニケーションズを連結子会社化,エイベックス・ホールディングスにも資本参加するなど,コンテンツ面の強化に取り組んでいた。

(堀越 功=日経コミュニケーション