NTTドコモは2月2日,第3世代携帯電話「FOMAシリーズ」の普及価格帯となる新シリーズ「FOMA 700i」を発表した。特徴は,機能を絞って本体をコンパクトにし,端末の低価格化を実現したこと。「ムーバと同価格帯で販売し,第3世代携帯電話の契約者数の拡充を狙う」(NTTドコモの永田清人プロダクト&サービス本部プロダクト部長)。ラインアップは,「F700i」(富士通製),「N700i」(NEC製),「P700i」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製),「SH700i」(シャープ製)の4機種。F700iを皮切りに2月10日から順次発売する。

 700iシリーズでは,多様化するユーザーの好みに応えるため,商品シリーズを拡充したという。永田部長は商品企画の狙いについて,「900iシリーズは機能を追求するあまり本体サイズが大きくなってしまった。700iシリーズは機能を絞って小型化した。デザインや機能,自分流のスタイルにこだわりのあるユーザーにぜひ使ってもらいたい」と説明する。

 700iシリーズの共通の機能は,FOMAの特徴であるテレビ電話機能や音楽再生機能,HTML形式のメール「デコメール」など。901iシリーズが搭載する非接触ICカード「FeliCa」や,大容量のiアプリ機能などを省き,シリーズとしての差が明確になるようにした。901iシリーズと共通のプラットフォームを用いて開発コストを抑え,調達価格も1万円程度下げたという。

 700iシリーズが登場したことで,NTTドコモの携帯電話のシリーズの位置づけも変わる。「今後は,従来のPDCの500iシリーズが担ったパーソナルなニーズに答える役割をFOMA 700iシリーズが担う。500i/250iシリーズは,もっとリーズナブルに携帯電話を使いたいユーザー向けに販売する」(永田部長)。

(堀越 功=日経コミュニケーション