電気通信事業者協会(TCA)は1月11日,2004年12月末時点の携帯電話契約数を発表した。事業者別の月当たり純増数は,11月に2位だったNTTドコモがauグループ(KDDIと沖縄セルラー電話)を逆転。2カ月ぶりに首位を奪い返した。NTTドコモの契約数は,前月に比べ24万7500増の4791万4200契約となった。2位のauは24万1600増の1875万9000契約。

 12月に大きく健闘したのがKDDI傘下のツーカー・グループ。純増数は1万5500で,ボーダフォンを抜き3位に躍進した。累計で359万9600契約。2004年11月に出荷した音声通話に機能を絞った「ツーカーS」が契約増に大きく貢献した。

 一方,4位のボーダフォンは900契約の純増にとどまった。累計では1521万100契約。同社は2004年12月から順次,第3世代携帯電話端末の新シリーズを投入しているが,まだその効果は表れていない。

 第3世代携帯電話(3G)サービスでは,NTTドコモの「FOMA」は前月比93万100増で,849万9200契約。auの「CDMA2000 1x」は37万9100増で1682万9000契約である。ボーダフォンの3Gサービス「Vodafone 3G」は純増数が6万9500で,累計36万6400契約となった。

(蛯谷 敏=日経コミュニケーション