プロジェクトマネジメント・ブームの陰で、「プロマネなんてなりたくない…」と言い出す若手エンジニアが増えている。その裏にあるのは、過酷ともいえる労働実態。やりがいや達成感を感じながらも苦悶する、プロマネたちの姿を追った。

(高下 義弘)

追い詰められるプロマネ
プロマネ志望は10人に1人
プロマネ改革は道半ば


【無料】サンプル版を差し上げます本記事は日経コンピュータ2005年7月11日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文をお読みいただける【無料】サンプル版を差し上げます。お申込みはこちらでお受けしています。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 数年前から続くプロジェクトマネジメント熱は、いっこうに収まる気配をみせない。各社はSIビジネスの収益力強化に向けて、プロジェクト・マネジャ(プロマネ)育成に全力を挙げる。プロマネの国際資格「PMP」の国内における取得者数は、ここ5年間で9倍に増えた。年内には1万人の大台を突破する見通しだ。

 その一方で、「プロマネなんてなりたくない…」。こう言い出す若手エンジニアが増えている。

 日本IBMを例にとると、プロマネ志望者は年間30人弱と、プロマネ候補である入社7~8年目のエンジニアの1割程度だ。本誌が5月、Webサイト「ITPro」上で実施したアンケート調査でも、プロマネ志望者は10人に1人しかいなかった。

 「最近の若手の人気職種は、コンサルタントかアーキテクト。プロマネ志望は少数派に転落した」(メインフレーマの人事担当者)との証言もある。「ここまで希望者が少ない現状では、プロマネの育成目標を下方修正するしかない」と、あるベンダーの役員はこぼす。

 プロジェクトマネジメント・ブームの裏側で、何が起こっているのか。プロジェクトの現場を歩き、現役プロマネたちの本音を聞いて回った。

 すると、そこには「すべてのITエンジニアが目指すべき職種の一つ」や「SIビジネスの牽引役」といった口上の裏で、やりがいや達成感を感じながらも、苦しむプロマネ職の姿があった。

 「『プロマネが重要』と経営者は力説するが、我々を取り巻く環境は何も変わっていない。実態は現場の便利屋だ」、「問題が起きても会社は『現場の裁量で乗り切れ』というばかりで、何のサポートもしてくれない」、「どんなに難しいプロジェクトでも、『成功して当たり前』とみなされる。失敗したら、すぐにマイナス評価が付く」――。現役プロマネたちは、悲鳴を上げている。

 これらの悲鳴をこのまま放置していたら、プロマネのなり手は減る一方だ。行き着く先にあるのは、「プロジェクトは破綻」、「顧客はビジネスに失敗」、「プロジェクト・メンバーは心身ともに消耗」という、負の連鎖である。

 徹底した現場取材とアンケート回答者1228人の声を基に、プロマネの実態に迫った。


続きは日経コンピュータ2005年7月11日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。


出典:2005年7月11日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。