本日は日経ビズテック第7号の校了日であった。7号の目次をお知らせする。

 第7号は5月26日から一般書店で発売するが、インターネット書店のアマゾンから予約することもできる。予約ページはこちらです。

■■特集1「勝手に考えるソニー再生計画」■■

現状総括
『構造改革打ち上げるもエレクトロニクスは浮上せず』

『新興国に基幹部品を外販する「インテル」を目指せ』
クレイトン・クリステンセン/米ハーバード・ビジネススクール教授

『エンタメの王様復活は「第四の娯楽」の確立から』 
西和彦/I・T・N・Y&パートナーズ代表取締役 マネジング・ディレクター

『自身の役割を問い直し「ものづくり」に回帰を』 
常盤文克/東京理科大学大学院客員教授

『エンターテインメント事業を切り捨て業務用機器に特化せよ』
ピーター・シーリー/米ロスアルトス・グループCEO

『ナンバー1と素材にこだわり家具まで手掛ける』 
成毛 眞/インスパイア 代表取締役社長

『「ものづくり」に退行することなかれ』 
ヘンリー・チェスブロー/米カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院教授

『M&Aで業界再編を先導し「成熟市場」の覇者となれ』
山本一郎/イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役社長

『OBが語る再生への処方せん』
城島明彦/作家・ジャーナリスト

■■特集2「禁断のメソッド」■■

メソッド・ランキング調査『人気と効果の微妙な関係』

「知られざる実力メソッド」
内観法『自分で「気付く」ことの力』
本山陽一/白金台内観研修所所長
(事例)アルプス技研

マンダラート『九つのセルで思考を整理する』
今泉浩晃/ヒロアートディレクションズ代表
(事例)博報堂

TRIZ『特許情報から「定石」を抽出』
篠原 司/日経BPコンサルティング
(事例)サムスン電子

タグチメソッド『失敗原因は考えるな』
中野惠治/アイテックインターナショナル
(事例)松下電工

アメーバ経営『シンプルな指標で全社の「もうけ」を判断』
浅田英治/京セラコミュニケーションシステム取締役
(事例)コマニー

■■特別講義■■
『日本人に一番欠けていること』
大前研一/ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

『二十一世紀を生き抜く技術者像』
花岡清二/セイコーエプソン代表取締役社長

『中国における企業経営の勘所』
アビームコンサルティング インターナショナル・オペレーション

■■ビズテック講座■■
プロジェクトマネジメント:『利益創造型プロジェクトへの三段階進化論』
竹林 一/オムロンソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネスカンパニー

IPストラテジー:『日亜化学工業に学ぶ企業の競争力を高める特許の使い方』
鮫島正洋/内田・鮫島法律事務所弁護士・弁理士

テクノロジーマネジメント:『「長寿命化」という落とし穴』 
榊原清則/慶應義塾大学総合政策学部教授

IPストラテジー:知の事件簿【連載第三回】『ソフトウエアの特許侵害で「一太郎」の販売を差し止め』
江口雄一郎/東京永和法律事務所弁護士

IPストラテジー:誌上ケーススタディ『キルビー特許』
城 浩二/武蔵工業大学客員教授
森 康晃/早稲田大学教授
糸賀道也/アイ・ピー・ブレーン代表取締役

■■テーマ連載■■
価値創造・人3:『きかん気が導く田舎の理想』
松場登美/石見銀山生活文化研究所 取締役所長

佐藤卓と考える商品学 第三回『タカラのリカちゃん』

■■連載コラム■■
『戦略的スポーツビズ考』
広瀬一郎/スポーツ総合研究所所長/江戸川大学教授

『映画はMOTだ』
宿輪純一/映画評論家

『ここが変だよ日本の技術政策』
藤末健三/参議院議員

『明日のヒント』
原田曜平/博報堂生活総合研究所

『正調宮田節』
宮田秀明/東京大学大学院教授

『日経よく読まない人』
パオロ・マッツァリーノ/コラムニスト

『パソコンとハムレット』
松原正/早稲田大学名誉教授

『着想の糧』
ジェームス・ダイソン/英ダイソン 会長