台湾のVIA Technologiesが,米AMDのAthlon 64/Opteron/Sempronプロセサ向けのPCI Expressチップセット「VIA K8T890」を現地時間9月24日に発表した。これらプロセサ用としては,世界初のPCI Express対応チップセットという。ただし,利用可能時期や価格については明らかにしていない。

 PCI Express x16対応グラフィックス・カードを接続でき,アップストリームおよびダウンストリームの双方向とも4Gバイト/秒の転送速度を実現する。最大4つのPCI Express x1の接続も可能で,各接続の片方向の転送速度は250Mバイト/秒。最大帯域幅は,PCI 2.2の論理値に比べ約2倍という。

 複数のデバイス設定が行えるようになっており,最大5つのPCI Express機器をノース・ブリッジに直接接続できる。PCI Expressのレーン数は合計20個で,総帯域幅は5Gバイト/秒。

 同チップセットのVIA Flex Expressアーキテクチャは,PCI Express x1接続を内部のノース・ブリッジを介して直接経路制御するので,ノース・ブリッジとサウス・ブリッジ間のボトルネックを解消し,待ち時間を短縮できるという。

 対応プロセサは,Athlon 64,Athlon 64 FX,Opteronの全モデルと,Sempronの754ピンおよび939ピン版。

◎関連記事
米AMD,AMD-8000シリーズの新モデル「AMD-8132 PCI-X 2.0トンネル」チップを発表
米Intel,IDFでデュアル・コアItaniumをデモ,「全面的にマルチ・コア化を進める」
米Intel,「HD Audio」対応の新型プロセサやチップセットを発表
米IntelがPCI Express対応LSIを発表,サーバー用の「Lindenhurst」とWS用の「Tumwater」
米LSI LogicがPCI ExpressのリンクとPHYコアを発表
HyperTransportの新版「Release 2.0」は22.4Gバイト/秒に高速化,PCI Expressにも対応
PCアーキテクチャ(下)――PCI ExpressとシリアルATAで大きく変わる
PCI-SIG,PCI ExpressとPCI/PCI-Xをつなぐブリッジ仕様を策定

[発表資料へ]