VA Linux Systems Japanは2005年1月,負荷分散ソフトウエア「VA Balance」や大規模システム向けディレクトリ・サーバー「VA Directory」を出荷する。VA Balanceは,同社がオープンソース・ソフトウエアとして無償公開している「UltraMonkey」とLinuxを組み合わせたもの。VA Directoryは同社が公開しているオープンソース・ソフトウエア「UltraPossum」とLinuxを組み合わせたもの。コンサルティングやシステム設計などと合わせて提供する。

 VA Balanceは,Webサーバーなどへのアクセスを,複数のサーバーに振り分ける負荷分散装置。アクセスを振り分ける「Linux Virtual Server」,サーバーの状態を監視する「Heatbeat」などのオープンソース・ソフトウエアをベースにしている。価格は70万円から。

 VA Directoryを構成するUltraPossumは,オープンソース・ソフトウエアOpenLDAPをベースに,フェールオーバーなどの機能を強化している。VA Directoryの価格は88万円から。

 VA Linuxは,ソフトウエアを開発・公開するためのサーバー環境sourceforge.jpを,オープンソース・ソフトウエア開発に対し無料で提供している。また,同社の技術者がいくつものオープンソース・ソフトウエア開発プロジェクトに参加,もしくは主導している。

 同社では,開発にかかわっているオープンソース・ソフトウエアの商用版を提供していく。現在15名のLinuxカーネル技術者が在籍しているが,2005年度内に倍に増員する計画という。

(高橋 信頼=IT Pro)