2019年5月23日 ― ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は、本日から2019年12月20日(金)まで、期間限定スペシャルオファー『スタートアップ企業応援プログラム』を実施します。これは、新バージョン FileMaker 18 プラットフォームの発売に合わせて特別企画したプロモーションで、設立から3年以内の法人を対象に、FileMaker 18 プラットフォームの年間ボリュームライセンスを、通常価格の 50% オフでご提供するというスペシャルオファーのキャンペーンです。

■最新テクノロジーはスタートアップの成長と成功にかかせない
フリマアプリ大手のメルカリが2018年6月19日、東証マザーズ上場初日に時価総額6760億円を記録する異例の大型上場を果たし、国内のスタートアップ資金調達金額は2012年以降右肩上がりで、日本でのスタートアップシーンには新時代が到来しています。

スタートアップ企業の成長にとって欠かせないのが、行動計画を立てて、それを即時に実行するスピード感です。世界トップクラスのワークプレイス・イノベーション・プラットフォームであるFileMakerプラットフォームなら、少数のチームで、スプリントと呼ばれる通常2週間程の短い生産構築サイクルを繰り返してプロジェクトを進めることで、短期間の構築・計測・学習 (Build・Measure・Learn)を繰り返し行うことができます。

また、スタートアップ企業が成功するためには、素早く安価に潜在顧客とのコミュニケーションを構築し、計測可能な結果を得て学習し、その情報をもとに商品開発やマーケティング活動を進めていくことが重要です。Facebook、TwitterなどのSNSサイトや、Google、Amazon、Microsoft など、多くの企業がWeb API によりオープンコネクションを進めています。 こうした様々な外部サービスをすぐに利用できるオープンな開発プラットフォームは、ビジネスの成長にとって必須条件です。FileMaker プラットフォームでは、OAuthに対応し、 REST API (JSON, cURL) によるサービス連携が提供されています。

さらには、モビリティ、クラウド、セキュリティ、IoT、RPA、Webアプリケーション連携などの最新テクノロジーをビジネス現場で今すぐ取り入れたい時も、FileMaker プラットフォームではプログラミングコードを習得することなく、素早くビジネスロジックを実装して運用を開始できます。小さなチームでも最新のセキュリティを維持しつつ、BMLサイクルを素早く回して最適化し、より大きな成果を得て成長することができます。


■『スタートアップ企業応援プログラム』実施概要
【期間】2019年5月23日(木)~2019年12月20日(金)
【対象】資本金 1 億円未満、かつ従業員数 100 名未満、かつ設立から 3 年以内の法人
【特設サイト】https://www.filemaker.com/jp/startup
【内容】
・年間ボリュームライセンスを最長3年間、通常価格の50%オフで提供
・FileMaker Cloud for AWS 利用でリモート構築サポートを提供
・認定パートナーが提供する今すぐ使える App を無料でダウンロード
※本スペシャルオファーのご利用には、ご利用条件に同意していただく必要があります。上記の特設サイトにて必ず事前にご確認ください。


■最長3年間50%オフやリモート構築サポート提供で若い企業の成長を強力支援
これまでもファイルメーカー社は、日経225に選出される企業からスモールビジネスやスタートアップ企業まで、多岐にわたる規模の法人・組織・政府機関に向けて、ワークプレイス・イノベーション・プラットフォームを提供してきました。当社が追求するのは、それぞれのニーズに合わせた、固有のビジネス課題解決の支援です。

若いスタートアップ企業がビジネスを成長させていくと、ビジネスプロセス、ユーザ規模、取り巻くビジネス環境の急激な変化など、さまざまな課題に遭遇します。FileMaker プラットフォームであれば、そうした変化に合わせて、会社の成長とともに成長していくシステムの構築が可能です。当社は『スタートアップ企業応援プログラム』を通して、起業したばかりの勢いある若い企業の成長を支え、職場環境や働き方(ワークプレイス)の改革(イノベーション)を支援してまいります。