日経FinTech



東芝、満を持してFinTech市場参入 「量子由来」の新手法で世界に挑む

2019年12月23日(月)
田中 淳=日経FinTech

 非金融分野からの参入が相次ぐFinTech市場に新たなプレーヤーが加わった。1875年創業の老舗メーカー、東芝だ。量子コンピューター研究に由来する独自手法を活用、世界を視野に金融向け専用機器の開発・販売やクラウドを通じた専門サービスの提供に乗り出す。「金融庁には『日本発のオリジナルな技術で世界を驚かせてほしい』と言われている」と、研究開発センター主任研究員の辰村光介氏は明かす。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:テクノロジー

日経FinTech:その他