日経FinTech



山形銀行、公共料金などをスマホで支払えるサービスを4月にも開始

2018年01月22日(月)
下玉利 尚明=タンクフル

 山形銀行は2018年1月18日、税金や公共料金などの払込票のバーコードをスマートフォンのカメラで読み込み、預金口座からリアルタイムで支払うサービスを2018年4月にも提供開始すると発表した。銀行の窓口やコンビニに行かずに、時間や場所を選ばずに公共料金などを支払えるようになる。料金は無料。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:金融機関

日経FinTech:テクノロジー