日経FinTech



スマートプラスが第一種金融商品取引業者に、新アプリを2018年初旬に公開

2017年12月28日(木)
下玉利 尚明=タンクフル

 株式売買の仲介基盤を手掛けるスマートプラスは2017年12月27日、第一種金融商品取引業者としての登録が完了し、2018年初旬にも第一弾となる株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」を公開すると発表した。SNS(ソーシャル・ネットワークキング・サービス)機能を組み込んだ点に特徴があり、日本株を取引できる。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

日経FinTechのご案内

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:スタートアップ

日経FinTech:テクノロジー