日経FinTech



富士通研究所がブロックチェーンの接続技術を開発、2018年度以降に実用化

2017年11月16日(木)
下玉利 尚明=タンクフル

 富士通研究所は2017年11月15日、異なる仮想通貨の交換や決済を安全に実行できるセキュリティ技術「コネクションチェーン」を開発したと発表した。複数のブロックチェーン間を新たなブロックチェーンで接続し、各チェーンにおける一連の通貨交換に関わる取引処理を紐づけて全体を一つの取引として自動実行可能にする。

この先は日経FinTechの会員のみがご覧いただけます

この記事は「日経FinTech」読者限定のコンテンツです。「日経FinTech」のご案内はこちらをご覧ください。

おすすめの記事 recommend

日経FinTech:テクノロジー