AWSのロードバランサーといえば長らく、2009年から提供されている「Elastic Load Balancing(ELB)」だった。しかし2016年8月にWebシステムに特化したApplication Load Balancer(ALB)が、2017年9月には大量のトラフィック処理向けのNetwork Load Balancer(NLB)が提供された。

 これに伴い、従来のELBはClassic Load Balancer(CLB)に改称され、ELBはCLB、ALB、NLBという三つのロードバランサーの総称となった。

 最初に、これら三つのロードバランサーを簡単に説明する(図1)。

図1 三つのロードバランサー
[画像のクリックで拡大表示]

 CLBは名称の通りClassic(旧型)という位置付けの汎用型ロードバランサーだ。L4(トランスポート層)/L7(アプリケーション層)での負荷分散が可能で、TCP、SSL、HTTP/HTTPSが使える。

 ALBはHTTP/HTTPSに特化したL7ロードバランサー。Webシステムでの負荷分散では、現状での第一選択肢となる。

 新しいNLBは、性能増強の暖気(Pre-Warming)を申請しなくとも大量のトラフィック処理が可能なL4ロードバランサー。TCP専用である。

 本稿では、これら三つのロードバランサーをどのように使い分けるかを解説する。最初にCLB、ALB、NLBに共通する基本機能を取り上げたうえで、個別の機能を説明する。検証では、アクセス件数およびデータ量を増やしたときの挙動を確かめる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら