AWS IoTは、その名の通りAWS(Amazon Web Services)が提供するIoT(Internet of Things)向けのプラットフォームサービスだ。

 IoTとは、あらゆるデバイスをインターネットに接続して相互通信することにより、デバイスを生かした情報システムを構築する手法である。

 AWS IoTは、デバイスと通信するサーバーサイド(IoTバックエンド)の仕組みをクラウドサービスとして提供する。数十億のデバイスにも対応する高い拡張性、サーバーインフラの運用管理をAWSに任せられるマネージドサービス、AWSの他のサービスにデータを転送するサービス間連携が特徴である。

 AWSは、IoTプラットフォームを開発する米2lemetryを2015年に買収した後、AWS IoTを発表した。既に一般利用可能(Generally Available)がアナウンスされ、米国のリージョンをはじめ東京リージョンでも利用できる。

 AWS IoTの機能を概観したうえで、サービスを検証していこう。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら