TOP > 解説・レポート > AWS re:Invent 2018報告

解説・レポート

AWS re:Invent 2018報告

AWSがサービス開発の方針を転換 オンプレとブロックチェーンもカバー

【2018/12/20】

 米ラスベガスで2018年11月26日(現地時間)から5日間、「AWS re:Invent 2018」が開催され、30を超える新サービスが発表された。特に注目したいのは、オンプレミス環境にAWSのサービスを持ち込む「AWS Outposts」と、ブロックチェーン関連の「Amazon Managed Blockchain」「Amazon QLDB」だ。これらの新サービスについて、基調講演の内容と個別取材の結果を基に報告する。

中田 敦=シリコンバレー支局

2019年1月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。