顧客が求めるものなら何でも提供する――。米AWSの貪欲さが増す一方だ。AWS re:Invent 2018では、オンプレミス(自社所有)環境やブロックチェーンなどこれまで同社が敬遠してきた分野を含めて、30を超える新サービスが発表された。

 「我々は顧客の声に常に耳を傾け、顧客が求めるものを提供している」。A AWSのアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者)は基調講演でお決まりのセリフを今年も繰り返したが、今年はその重みが違った。これまで敬遠していたタイプのサービスを発表したからだ。

 その代表格が「AWS Outposts」(写真1)。顧客のオンプレミス環境で、AWSと同じ仕組みを実現できる。AWSが設計したハードにEC2やEBSなどのソフトをインストールして提供する。

写真1 AWS Outpostsを紹介したスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 出荷開始は2019年下期の予定。機能は順次追加する計画で、RDBのサービスAmazon RDSやコンテナ管理のAmazon ECS、機械学習モデルの開発やデプロイができるAmazon SageMakerなども利用可能になる。AWSがリモートから運用管理をする。AWSの中でVMware環境を利用する「VMware Cloud on AWS」にも対応する。

 同様の製品は、米Microsoftや米Oracleも提供する。しかしAWSはこれまで、米中央情報局(CIA)を唯一の例外として、オンプレミス環境用のAWSは提供してこなかった。AWSが大きな方針転換をした背景には、AWSが独自に開発するハードの進化がありそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら