TOP > 解説・レポート > コンテンツベースのロードバランサー登場 Amazon Kinesisに新サービスを追加

解説・レポート

AWS Summit New York 2016報告

コンテンツベースのロードバランサー登場 Amazon Kinesisに新サービスを追加

【2016/09/20】

コンテンツをベースにした新たなロードバランサー「Application Load Balancer」を投入し、アプリ開発を支援する。SQLでリアルタイムにストリーミングデータを処理する「Amazon Kinesis Analytics」を追加し、アナリティクス環境の充実も図った。価格改定では、EC2用のブロックストレージ「Amazon Elastic Block Store(EBS)」が値下げされた。

森山徹

2016年10月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。