米Amazon Web Services(AWS)は2016年8月10日~11日(米国時間)、年次イベント「AWS Summit New York 2016」を米ニューヨークで開催した。

 基調講演に立った米Amazon.com CTO(最高技術責任者)のバーナー・ボーガス氏は、「年間売上高は110億ドルを超えそう。第2四半期は昨年に比べて58%伸びた」と好調な業績をアピール。続けて「革新的な技術を生むAWSの姿勢は、10年前のサービス開始から変わらない」と、新サービスや機能強化を次々と披露した(表1)。

表1 AWS Summit New York 2016で発表された主な新サービス/機能強化
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発表されたサービスの拡充から、AWSが推進する二つの方向性が読み取れる。

 一つは、インフラ管理の効率化から、アプリ開発重視へ軸足を移してきたこと。コンテンツをベースにした新たなロードバランサー「Application Load Balancer(ALB)」の投入が象徴的である。

 もう一つは、手軽にアナリティクスを実践するための環境整備だ。SQLを使用してリアルタイムにストリーミングデータを処理する「Amazon Kinesis Analytics」の提供や、EC2用のブロックストレージ「Amazon Elastic Block Store(EBS)」の価格性能比向上などがその路線上にある。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら