TOP > 解説・レポート > 従来RDSに比べ5倍速のケースも 同時接続数増で性能が上がりやすい

解説・レポート

Amazon RDS for Auroraの性能評価

従来RDSに比べ5倍速のケースも 同時接続数増で性能が上がりやすい

【2016/05/20】

AWS上での稼働を前提として、従来のリレーショナルデータベース(RDB)と一線を画す新しいアーキテクチャーを備えるAurora。前号では主に耐障害性を検証し、優れていることを確かめた。今号はAuroraの性能を検証する。従来アーキテクチャーのRDS for MySQLと比較したところ、最大で5倍以上速いという結果が出た。

野村総合研究所 瀬戸島 敏宏(主任システムコンサルタント クラウド基盤サービス三部)

2016年6月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。