ベンダーの“クラウドSI力”の一つの指標となるのが、クラウドベンダーのパートナー認定制度だ。クラウドSIを委託するベンダーを選ぶ際に参考になる。

 米Amazon Web Services(AWS)では「APNパートナープログラム」を用意。営業・技術支援やセミナー支援、トレーニングの割引などを通じて、パートナーの底上げを図っている。

 AWSでSIを手掛けるパートナーは「コンサルティングパートナー」に分類される。国内のコンサルティングパートナーの数は、準備段階にある企業を除いて約130社。実績に応じて3段階でランク付けされており、「ユーザーの導入事例数や、認定資格を取っている社員数など、上位パートナーへの認定基準はかなり厳しい」(アマゾン ウェブ サービスジャパン マーケティング本部長の小島英揮氏)。

 最上位の「プレミア」に認定されるには、1年に10件以上の公開可能な導入事例を作る必要がある。

 AWSの利用額にも条件があり、プレミアの場合2015年は月額25万ドル(1ドル=113円換算で約2800万円)。「2016年はこの数倍の額が設定されていて年々、増える傾向にある」(アマゾン ウェブ サービス ジャパン パートナーアライアンス本部今野芳弘本部長)。

 2016年4月時点でプレミアに名を連ねる国内パートナーは5社。クラスメソッド、アイレット、野村総合研究所、サーバーワークス、TISである。

 特定領域で強みを持つパートナーを認定する、「コンピテンシー」と呼ぶ仕組みも用意。「認定のハードルは高く、取得すれば大きなアピールになる」(今野氏)。AWSのサイトは、目当てのコンピテンシーを指定し、その取得ベンダーを検索できる仕組みを備える。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら