TOP > 解説・レポート > Azureの認知AI ビジネス活用法 > 認知AIビジネス活用法[第5回]音声認識と自然言語解析

解説・レポート

Azureの認知AI ビジネス活用法

認知AIビジネス活用法[第5回]音声認識と自然言語解析

音声による注文受け付け機能を実装 Speech ServicesとLUISなら短いコードで済む

【2018/10/19】

 人の音声を認識し、その意図を理解する。そんなAIをMicrosoft Cognitive Servicesを使えば、簡単に実装できる。用いるのは、音声をテキスト化するための「Speech Services」と、意図解釈をする「Language Understanding」(LUIS)だ。コールセンターでのNGワードの判定機能、飲食店での注文受け付け機能を題材に、実装例を示す。

FIXER 千賀大司/山本和貴

2018年11月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。