TOP > 解説・レポート > Alexaで実践する 音声UI設計 > 音声UI設計[第9回] 単純なユースケースその2

解説・レポート

Alexaで実践する 音声UI設計

音声UI設計[第9回] 単純なユースケースその2

対話フローとインテントを関連づけ ユーザーが発する入力音声を定義する

【2019/02/20】

 店舗や商品の情報提供という単純なユースケースを題材に、音声ユーザーインタフェース(UI)設計の具体的な手順を説明していく。前回に作成した対話フローを、ユーザーが得たい情報や実現したいことである「インテント」と関連づけ、そのうえでユーザーからの入力音声の内容を定義する。

野村総合研究所 馬勝 淳史

2019年3月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。