架空企業の単純なユースケースを題材として、音声UI設計の具体的な手順を解説する。前回は、「対話フローの作成」までの工程を取り上げた。今回は2回目として、「インテントの関連づけ」「入力音声の検討」の工程を説明する(図1)。

図1 VUI設計の全体像
今回は、工程(4)インテントの関連づけ、工程(5)入力音声の検討について解説する
[画像のクリックで拡大表示]

 題材とする小売業Aグループについて簡潔に記す。

 食料品や日用雑貨、衣料品などの店舗を全国展開し、ECサイトを運営するAグループは、IT部門の主導で、Alexaスキルの開発を進めている。Alexaスキルによって、各店舗のイベント、セール、新商品の情報を提供する。

 これらの情報は、既にAWS上に格納し、パブリックAPIとして外部に公開している。APIキーがあれば、インターネット経由で情報を参照できる。認証には、OAuth 2.0を利用している。

 このAlexaスキルについて、前回は対話フローの作成までを行った。その結果を踏まえて、(4)インテントの関連づけに進む。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら