CLB(Classic Load Balancer)

仮想マシンEC2などの複数のインスタンスに対して、届いたリクエストを割り振る負荷分散サービス。CLB自体の負荷に応じて、自動的にCLBのインスタンスをスケールアウト/スケールインする。アベイラビリティーゾーン(AZ)を横断した冗長構成を構築することも可能。AWSの負荷分散サービスとしては、CLB以外に、パケットの内容に応じたコンテントベースのルーティングを行うALB(Application Load Balancer)もある。CLBとALBを合わせてELB(Elastic Load Balancing)と呼ぶ。

サブネットを増やすとCLBのIPアドレスが不足
5分で5割以上のアクセス増、スケールアウトが追いつかず
AZ横断の負荷分散を有効に

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら