Amazon S3(Simple Storage Service)

http/httpsでアクセスするファイルストレージ。管理単位を「バケット」と呼び、ファイルとその管理データをセットにした「オブジェクト」を格納する。容量が実質無制限で、3カ所以上のAWSデータセンターでデータを相互バックアップする。S3スタンダードクラスのデータ耐久性(1年間でデータが消失せず保持される確率)は、99.999999999%。

Amazon Glacier

S3よりも低料金のアーカイブ用ストレージ。ファイルの管理単位を「ボールト」と呼ぶ。S3と連携させて、S3内のデータのアーカイブを自動化できる。データ耐久性はS3スタンダードクラスと同じ。

S3のリージョン選択ミスで遅延
誰でもS3へアクセス可能に
動的コンテンツが実行されない
バケット名に「.」を使うとエラーに
ファイルにログを追記できない
ファイル復元で想定外の費用が発生
オブジェクトが多いとフォルダーを削除できない
S3の割安オプションは逆に高い
バケットの自動命名、重複が発生しエラーに

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら