Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)

仮想マシンサービス。OSはLinux、Windows Serverなどから選択。

Amazon EBS(Elastic Block Store)

仮想マシンの外付けストレージ。仮想マシンを削除してもデータは保持。

誤って仮想マシンを完全消去してしまう
仮想マシンのIPアドレスが勝手に変更される
AMIを作成すると仮想マシンが再起動する
仮想マシンの停止/起動でデータが消える
EBSが容量の上限に達してしまう
複数の仮想マシンでストレージを共有できない
EBSと仮想マシンの接続はAZをまたげない
仮想マシンのメールサーバー、送信ができないことも
複数NICの仮想マシン、パブリックIPが割り当て不能に
昔作った仮想マシン、現行推奨仕様に変更できない
仮想マシンの起動時に、意図しない環境設定になる
サービス上限でAuto Scalingが失敗
VM停止させると固定IPに課金
Oracleの必要ライセンス数、従来の2倍に

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら