前回は、仮想マシン(EC2インスタンス)1台構成のコーポレートサイトのシステムで、オブジェクトストレージのAmazon S3にテキストや画像などの静的コンテンツを配置し、S3からユーザーに直接配信するアーキテクチャーを取り上げました。S3は自動的にスケーリング(性能増強)します。静的コンテンツの配信をS3にオフロードすることで、運用が容易になります。

 動的コンテンツを配信したりユーザーが送ってくるデータを処理したりするEC2インスタンスについては、アクセスが増加して処理しきれなくなると、応答遅延が起きたり、最悪の場合はアクセス不能になったりします。ユーザーがスケーリングする必要があります。

 今回は、こうしたスケーリングについて解説します。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら