Webサイトのレスポンスが速くなるほど、ページビューが増加し、カスタマーエクスペリエンスが向上し、商品購入などのコンバージョン率も高まる。このことが多くの調査で明らかになっています。

 今回はこれまで改良を加えてきたコーポレートサイトのパフォーマンスをさらに高めるため、AWSのCDN(Content Delivery Network)サービスを利用してコンテンツ配信を高速化する方法を解説します。

 一般にCDNは世界中に設置されたデータセンターに、コンテンツをキャッシュすることにより、そのコンテンツをリクエストしたユーザー(リクエスター)に低レイテンシーで配信する仕組みです(図1)。

図1 CloudFrontによるキャッシュの効果
[画像のクリックで拡大表示]

 AWSは「Amazon CloudFront」と呼ぶCDNサービスを提供しています。CloudFrontの導入に、アーキテクチャーの変更は必要ありません。CloudFrontのセットアップとDNS(Domain Name System)の変更をすれば済みます。

 簡単にDNSを変更するため、ここではAWSのDNSサービスAmazon Route 53を利用します。Route 53では、ドメイン管理などを簡素化できます。

 CloudFrontとRoute 53の機能を詳しく見ていきましょう。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら