前回までに、クラウド移行の目的を明確化し、体制を作って分析や戦略策定をしてきた。次に行うべきは、PoC(実証実験)。そのうえで、設計・移行フェーズへと進む(図1)。

図1 PoC(実証実験)フェーズと設計・移行フェーズのタスク(中項目レベル)
[画像のクリックで拡大表示]

 PoCでは、従来のシステムと違う箇所を明確にしたり、懸念点を解消したりする。事前にこれらのタスクを行うことによって、このあとの移行プロジェクトを円滑に進められるようになる。

 次の設計・移行フェーズでは、ネットワーク、セキュリティ、バックアップ、ログ管理、監視などシステム全体に共通したり影響したりする項目を、個々のシステムの移行を進める前に設計しておく。さらに、システム全体に影響のある箇所の設計とアーキテクチャーの類型化をすることも重要だ。

 以降で順に見ていこう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら