Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azure(Azure)をはじめとするパブリッククラウドサービス(以下、クラウド)が普及し、サービスの特徴や使い方についての情報が手に入りやすくなってきた。それに伴い、業務システムを、従来のオンプレミス(自社所有)環境からクラウドに移行する動きが広がっている。

 一方で、システムのクラウド移行をどのように進めるのか、という標準的な手順はまだ定まっていない。いざクラウドへの移行を進めようとすると、どんな手順で進めればよいか分からない。現場のITエンジニアにとってはそんな状況だろう。

 では、システムのクラウド移行をどのように進めればよいか。本連載では、一般的なユーザー企業の業務システムを対象に、AWSおよびAzureへの標準的な移行方法を解説する。

 最初に、全体の手順を説明しよう(図1)。クラウド移行を成功させるには、手順を踏むことが極めて重要だ。

図1 クラウド移行の全体手順
[画像のクリックで拡大表示]

 いきなり対象システムを選定して移行してみる、というアプローチを取るのは得策ではない。クラウド移行には費用も時間も掛かるし、それを進める人的リソースも大きなものになるからだ。

 クラウド移行は、経営上の投資にほかならない。何の目的でクラウド移行を進めるのか。どれだけの投資が必要か。それに見合う経営上の効果を得られるのか。それらを明らかにして、プロジェクトの進め方や体制を計画し、経営層の承認を得る。これが「(1)企画フェーズ」である。

 「(2)戦略・分析フェーズ」では、現状のインフラやシステムの状況を把握。同時に、クラウドに求められる事項を明確化する。さらに、移行対象のシステム候補を選定し、移行順序付けの考え方を明らかにする。

 さらに「(3)PoC(実証実験)フェーズ」で、実際にクラウドサービスを利用しながら、懸念点を検証する。

 ここまでの内容を踏まえ、システムごとに設計や移行を行う。これが「(4)設計・移行フェーズ」。その際、必要に応じて、標準化や共通化も推進する。

 移行後は「(5)運用・改善フェーズ」として、運用を行い、それを通じて得た知見を基に、戦略を見直したり設計内容を見直したりする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら