TOP > ケーススタディ > みずほ銀行 システム基盤にAWS採用

ケーススタディ

みずほ銀行 システム基盤にAWS採用

共通機能を一元化しクラウド利用促す QuickSight使いデータ分析作業8割減

【2019/03/20】

 みずほ銀行はシステム基盤の有力な選択肢としてAWSを採用した。2019年度から順次適用事例を増やす。権限管理やログ収集を担う共通基盤を構築し、利用部門が必要以上にAWSを意識せずに済む工夫を凝らした。社内のAWS導入コンサルティング役として、CCoE(Cloud Center of Excellence)を整備。ガバナンスを効かせつつ、効率的なAWS活用を推進している。データ分析基盤のクラウド化検証では、作業工数8割減の効果を得た。

井原 敏宏

2019年4月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。