TOP > ケーススタディ > 米ナイキ AWSでスマホアプリの基盤強化

ケーススタディ

米ナイキ AWSでスマホアプリの基盤強化

アプリの更新頻度上げ1億人を囲い込み グラフDBのNeptuneでつながり促進

【2019/01/20】

 2018年5月期まで8年連続増収の米ナイキ。原動力の一つはユーザーが1億人を超えるというスマートフォンアプリだ。アプリはAWSに配置したサーバーシステムも含めて、1日に何度も更新する。新機能を次々と投入し、ユーザーを飽きさせない。マネージドサービスを多用し、アプリ開発に注力できる体制を強化した。グラフデータベースAmazon Neptuneのような新技術も積極的に取り入れ、アプリの使い勝手を高めている。

井原 敏宏

2019年2月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。