TOP > ケーススタディ > ふくおかフィナンシャルグループ Azureでデータ分析

ケーススタディ

ふくおかフィナンシャルグループ Azureでデータ分析

FinTechアプリのデータをHDInsightで分析 コンテナ使いブロックチェーン活用も

【2018/12/20】

 ふくおかフィナンシャルグループは手元のスマートフォンで残高確認などができるFinTechアプリ「Wallet+」のデータ分析に、Azureのサービスを活用する。分散処理のPaaSであるAzure HDInsightを使い、ビッグデータの処理基盤を構築。コンテナオーケストレーターであるKubernetesのサービスAzure Kubernetes Service(AKS)を使ったブロックチェーン基盤を利用し、アプリのポイント管理機能も強化した。

井原 敏宏

2019年1月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。