TOP > ケーススタディ > 琉球銀行 金融業務のAWS活用

ケーススタディ

琉球銀行 金融業務のAWS活用

可用性向上や内製化目的にAWS導入 Amazon Connect使いコールセンター変革

【2018/11/20】

 琉球銀行はシステムの可用性向上や内製化を目的に、勘定系や情報系など他行との共同利用システムを除く全システムをAWSへの移行対象として検討する。第1弾としてコーポレートサイトのシステムを移行した。70以上ある支店の電話対応業務を効率化するため、コンタクトセンター業務のSaaSであるAmazon Connectの導入も進める。国内採用事例が少ないなか独学でノウハウを習得し、3支店で実証実験をした。AWSのAI(人工知能)サービスの活用も予定する。

井原 敏宏

2018年12月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。