TOP > ケーススタディ > 星野リゾート 宿泊予約システムをAWSに移行

ケーススタディ

星野リゾート 宿泊予約システムをAWSに移行

テレビ露出時のアクセス増対応に苦心 Aurora移行で予期せぬトラブル発生

【2018/09/20】

 星野リゾートは運用負荷を減らすため、宿泊予約システムをAWSに移行した。手探り状態のなか、オートスケーリングや一部マイクロサービスの導入に取り組んだ。テレビ露出時の急なアクセス増対応を目的に、リレーショナルデータベースをAmazon Auroraに変更した際は想定外のトラブルが発生。アプリケーションの改修などで乗り越えた。サーバーレスコード実行サービスのAWS Lambdaによるマルチクラウド連携により、迅速な開発を実践する。

井原 敏宏

2018年10月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。