TOP > ケーススタディ > 大創産業 大規模POSシステムをAWSに移行

ケーススタディ

大創産業 大規模POSシステムをAWSに移行

PaaSを使いサーバーレス化 DynamoDBの思わぬコスト増を克服

【2018/06/20】

 100円ショップ最大手の大創産業。オンプレミス(自社所有)環境の大規模なPOS(Point Of Sales)システムを、AWSに移行した。サーバーレスコード実行の「AWS Lambda」、メッセージキューイングの「Amazon SQS」、NoSQLデータベースの「Amazon DynamoDB」などのPaaSを使い、サーバーレス化を果たした。構築過程ではDynamoDBの年額利用料が数千万円になりかねない事態に直面。Lambdaの同時実行数の上限設定などの工夫により切り抜けた。

井原 敏宏

2018年7月

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。