臨床検査情報システムや検体検査装置など、臨床検査製品を手掛けるエイアンドティー。同社は2016年5月、基幹システムを含むIT基盤をAzure上に全面移行した(図1)。狙いは限られた人員でのインフラ管理の効率化だ。

図1 少ない人員でシステムの安定稼働を実現
[画像のクリックで拡大表示]

 エイアンドティー 経営管理本部 ITマネジメントグループの千葉信行リーダーは「IT部員は7人いるが、インフラの担当者は実質3人。従来のIT基盤では、何か問題が起きても素早く対応するのが難しかった」と振り返る。

 千葉リーダーによると従来のオンプレミス(自社所有)環境では「数カ月にわたり、2週間に1回程度の頻度で仮想化ホストサーバーに原因不明の障害が発生していた」という。

 基幹系システムには会計、購買、生産管理に加え、顧客向けのサイトなども含まれる。「障害が起きるとビジネスに与える影響が大きいため、必死で対応していた。少ない人員で安定稼働を続けるのは難しいと感じていた」と話す。

後手から先手の対応へ

 同社のIT運用を支援していたエクイニクス・ジャパンとは、運用・保守に関する定例会議を毎月1回開いていた。従来は障害に基づいて、CPU負荷やメモリー使用率などの上限値を見直して、アプリケーション設定やリソースの強化策を議論していた。千葉リーダーは「障害が起きる前に状況を把握して、対策を講じる体制に変えたかった」と語る。

 障害の兆候や発生を早期に把握・対応することや、BCP(事業継続計画)のために、IT基盤をAzure上に刷新することを決断した。

 Active Directory(AD)、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)、ファイルサーバーといった主要システムは、Azureの東日本と西日本リージョン(広域データセンター群)でアクティブ・アクティブの冗長構成にしている。

 IT管理用のAzureサービス群である「Operations Management Suite(OMS)」を使い、負荷状況などの詳細なログを収集。稼働状況をリアルタイムで把握できる体制を整えた。OMSはAzure導入の決め手の一つでもある。

 OMS導入の効果について千葉リーダーは「過去レポートではなく、リアルタイムの状況を見ながら議論できるようになった」と語る。

 東西リージョンで冗長化していたので、2017年3月に起きたAzure日本リージョンの大規模障害の影響も回避できた。「3月8日に東日本リージョンで障害が発生したが、ADやDHCPサーバーは西日本リージョンで正常に動作していた」(同氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら