TOP > ケーススタディ > レコチョク 業務システムの障害対策をAzureで実現

ケーススタディ

レコチョク 業務システムの障害対策をAzureで実現

Site Recovery軸にDR対策を強化 コストと可用性からハイブリッド構成

【2016/12/19】

 レコチョクは10数種類ある業務システムを、オンプレミス(自社所有)環境に集約。同時に仮想マシンの保護やレプリケーション(複製)を自動化する障害復旧サービス「Azure Site Recovery」を使い、重要度の高いシステムをAzure上に約20分で復旧できる体制を整えた。容量不足やレスポンスが懸念だったファイルサーバーのストレージは、Azureのクラウド統合型ストレージ「StorSimple」に移行。大幅なコスト削減とクレームゼロのレスポンスを実現した。

井原 敏宏

2017年1月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。