TOP > ケーススタディ > キヤノン 顧客向けネットサービスをAWSに移行

ケーススタディ

キヤノン 顧客向けネットサービスをAWSに移行

マイクロサービス化で週数回のアプリ改変 自動化ツールを取り入れCI環境を構築

【2016/10/20】

キヤノンは、複合機などの顧客向けネットサービスをAWSに順次移行中だ。特徴的なのは、クラウドの利点を生かせるように、マイクロサービスアーキテクチャーという先端的な開発方針を取り入れたこと。それにより、運用チーム、品質保証チーム、顧客など関係者の意見を基に、週数回にわたりシステム改変し続ける「継続的インテグレーション(CI)」の仕組みを作り上げた。アジャイルよりさらに難しいとされるマイクロサービスの導入を成功させた軌跡を追う。

井原 敏宏

2016年11月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。