TOP > ケーススタディ > 東京大学 全学事務システム基盤を移行

ケーススタディ

東京大学 全学事務システム基盤を移行

5万人が使う基盤をAzure上に構築 ストレージの性能不足・不具合を解消

【2016/08/20】

 教職員・学生5万人が使う全学の事務システム基盤を、Microsoft AzureとFUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure上に構築。ストレージの性能不足や、Azureのメンテナンスの影響によるシステムトラブルなどを回避しながら、事務システムをクラウドに順次移行。2017年1月までに、全事務システムの移行を完了する計画だ。

八木 玲子

2016年9月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。