TOP > ケーススタディ > テンプホールディングス ITインフラをAWSに移行

ケーススタディ

テンプホールディングス ITインフラをAWSに移行

クラウドファーストに再挑戦 企業視点で構築ルールや共通機能を整備

【2016/08/20】

 テンプホールディングスは2016年2月、経営会議で「クラウドファースト」を宣言し、グループのITインフラとしてAWSを第一の選択肢とする方針を固めた。一時はAWSの利用を断念するも再挑戦。企業ITに必要な安定性やセキュリティを重視し、共通で用意すべき機能や運用自動化の仕組み、設計ルールを定めた文書を整備した。

井原 敏宏

2016年9月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。