TOP > ケーススタディ > 積水化学工業 グループウエアとメールをAmazon EC2に移行

ケーススタディ

積水化学工業 グループウエアとメールをAmazon EC2に移行

オートスケーリングや流量制御を自作 インスタンスの洗い替えでコスト抑制

【2016/05/20】

グループの従業員約2万3000人が利用するグループウエアやメールシステムを、2014年からAWS上で稼働させている。メールの増加に伴う負荷増に、自作のオートスケーリング機能や流量制御で対処。毎年、利用するインスタンスを洗い替えるなど、コスト抑制の工夫をしたうえでAWSを活用する。

八木 玲子

2016年6月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。