楽天は2016年2月、オンライン動画配信サービス「Rakuten SHOWTIME」における動画配信サービスを、Microsoft Azureの動画配信向けPaaS(Platform as a Service)である「Azure Media Services(AMS)」に移行した。

 Rakuten SHOWTIMEは国内最大級の有料動画配信サービスで、10年以上の歴史を持つ。洋画や邦画、国内外のドラマを配信したり、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの全ホームゲームをライブ配信したりしている。2016年3月時点で約15万のコンテンツを抱える。

 動画配信システムの移行に踏み切った狙いは、増大するストレージコストの削減だ(図1)。

図1 楽天の動画配信システムの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 Rakuten SHOWTIMEの運営は楽天のグループ子会社である楽天ショウタイムが手掛けている。楽天ショウタイム 執行役員 システム部 部長の濱田修氏は、「動画ファイルの合計サイズが1TBを超えた。今後もコンテンツは増え続けるため、ストレージコストの削減策は必須だった」と話す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら