TOP > ケーススタディ > 翻訳センター RDS for OracleからAuroraへ移行

ケーススタディ

翻訳センター RDS for OracleからAuroraへ移行

AWSのデータベース移行ツールを活用 ビューや参照整合性制約でエラー発生

【2016/04/14】

案件情報閲覧システムのデータベースを、2016年1月にリレーショナルデータベースサービス「Amazon RDS for Oracle Database」から「Amazon RDS for Aurora」に移行した。データベースの移行には、AWSが提供する2種のツールを利用。自動的に移行できたものもあったが、手動での修正が求められる項目も複数あった。

(八木 玲子)

2016年5月号(4月20日発行)

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。