TOP > ケーススタディ > 東急ハンズ ポイントシステム刷新

ケーススタディ

東急ハンズ ポイントシステム刷新

Redshiftのデータ連携が難航し設計やり直す

【2016/02/20】

2015年12月に稼働させた会員顧客向け新ポイントシステムで、データウエアハウス「Amazon Redshift」とイベント駆動型のプログラムコード実行環境「AWS Lambda」を採用した東急ハンズ。両サービスの機能不足や特性から、2度にわたって設計をやり直した。

八木 玲子

創刊前号(2016年2月20日発行)

使用する主なサービス

Amazon Redshift / Elastic Beanstalk / AWS Lambda / Amazon DynamoDB / Amazon S3

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。