そこで出会った先生や社会人の先輩たちとの交流を通じて、悩みが消えていきました。「自分らしくやればいいんだよ」という話をたくさん言ってもらえたことが大きいですね。

[画像のクリックで拡大表示]

 「もしかすると、ほかの男性社員に比べたらできることが少ないかもしれないけれど、私にしかできないことがきっとあるはずだ」。こう前向きな気持ちになれました。今振り返ると、あのような場に行っていたことが、大きな転機だったと思います。

周囲に比べて比較的早く、課長になられているようです。課長職に就いていかがですか。

 今のポジションに就いて良かったと思っています。仕事の責任と裁量が増え、やりがいを感じます。課長代理時代に、後輩の面倒を見ていたときとは異なり、マネジャーとして部下一人ひとりときちんと向き合わなければいけません。

 このような責任が伴うものの、「このような方針でチームをマネジメントしていこう」ということを自分で決めることができます。それで上手くいったら継続しよう、ダメならまた違うやり方でいこう、という具合に。その面白さはあります。

 課長昇進前は、周囲の男性社員の課長昇進への熱意ややる気の高さに圧倒されました。私はそれに比較して、さほど昇進への気持ちが強くなかったため、悩んだわけです。

 それでも今、こうして課長職にやりがいを見出せています。既に管理職をされている女性社員にも様々なタイプがいます。世の中には活躍している女性社員が増えていますが、「私はあそこまではなれない」と若手の女性社員から思われるような“遠い存在の人”は少なくありません。実は、私も女性幹部が集まるパネルディスカッションに参加したことがあり、ほかの方と話をしていて、「私とは違う」と圧倒されてしまったことがありました。

 それとはちょっと違って、私のような身近にいるような女性社員が管理職になり、きちんと仕事ができている、ということを示せればうれしい。こう考えています。様々なタイプの女性社員がいたほうが、若手社員にとっても選択肢が広がると思うのです。