ゲーム・ソフトは断念

 「ファミコンの本来の用途であるゲームに、通信アダプタを使うということは実現できなかった」(上村)。任天堂は、この通信アダプタを使ったゲーム・ソフトを5本程度試作した。だが、市場に投入することはなかった。

 任天堂が開発したソフトに、たとえば対戦型の囲碁ゲームがある(図4)。社長の山内自身が囲碁を打つこともあり、社長の強い要請で開発した。これも「結局、電話回線を長時間にわたって接続し続ける必要がある。通信料金がかかるうえに、電話回線を占有し続けるという問題もある」(上村)。

図4 対戦型囲碁ゲームの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米国で準備を進めたのが、ロッタリである。ロッタリは、好きな数字を選び、当たれば配当が出る仕組みのギャンブルである。州単位でこういう賭けごとが許可されたり、禁止されたりする。許可の方針を明確にしていたミネソタ州で、現地企業と組んで準備を進めた。

 ところが、任天堂の思惑とまったく関係のないところで、この計画も中断となった。ミネソタ州の知事が共和党から民主党に変わった。これに伴って政策も変更となり、ロッタリは禁止となった。