1981年に任天堂が池上通信機と共同開発した業務用ゲーム機「レーダースコープ」の画面写真。ECL入出力の論理ICやメモリなどを使った技術重視の製品だった。
図1 1980年代初めの高速ICをふんだんに盛り込む
1981年に任天堂が池上通信機と共同開発した業務用ゲーム機「レーダースコープ」の画面写真。ECL入出力の論理ICやメモリなどを使った技術重視の製品だった。

ギャラクシアンの衝撃、ドンキーコングでよみがえる