上司を介さず本社に届く

 ピーエス三菱も2016年度から、若手の研修を手厚くしている。

 きっかけは、全社アンケートの結果だ。「若手の技術力が安全や品質を脅かすレベルにまで下がっている」。同社総務人事部の柏木一郎部長は「年次別に到達すべき知識や意識のレベルを明確にする必要があると感じた」と話す。

 技術系社員を対象に、年次ごとのロードマップを作成して共有。入社1年目の研修は、従来の3カ月から6カ月に延長した。現場でのOJTが始まってからも、入社3年目までは1人1人のロードマップに沿った習熟度を会社が管理する(写真1)。

写真1■ 入社2年目の若手を集めたフォローアップ研修。施工図の作成やチェック、測量、品質管理など必要なスキルを習得できているかどうかを確かめる(写真:ピーエス三菱)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時に、若手のメンタル面のケアも充実させた。月に1度、業務の内容や暮らしぶりなどを「近況報告シート」に書いて提出してもらう。現場の上司を介さず、本社に直接届くようにしたのが特徴だ。上司に言いづらい仕事の悩みを拾い上げる。

 各地の現場にいる若手の様子を本社が把握する手間は大きい。それでも「若手の離職率が劇的に改善した」と柏木部長は満足げだ。かつて入社3年後の離職率が20%を超える年もあった。ところが、15年度入社で退職したのは34人中2人、16年度入社はまだ1人も辞めていない。