資料の紹介

 クラウドアプリやスマートフォンの業務利用の広がりや、ワークスタイルの変化に伴い、セキュリティ管理は従来よりも複雑になった。一方で、マイナンバーなどの新たな機密情報が加わったことで、企業が維持すべきセキュリティレベルの見直しと強化が急務になっている。

 企業はこれまで、USBメモリーの使用/持ち出し制限、暗号化、メールフィルタリング、ログ収集、といった情報漏洩対策を講じてきた。しかし、クラウドやモバイルといった新しいITインフラや、マイナンバーをはじめとする新しい機密情報の登場などによって、従来の対策手法だけで重要な情報を確実に保護することは難しくなっている。

 本動画では、多様化するシステム環境における情報保護の課題点とその解決策を、boxクラウドストレージやOffice 365環境での具体的なデモを交えて紹介する。「機密情報の検出と把握」「利用状況の監視と保護」「流出防止」の3機能により、マイナンバーの検知と、ポリシーベースの保護・制御を実現する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。